情報

自分でプロ並みマッサージ

2016/09/01

筋トレ後の肉体疲労や肩こりに身体を解そうと思っても一人じゃ難しい。そこで、簡単に自宅でできる「肩こりケア法」というのが紹介されていました。

マッサージ イメージ画像

1. 温める
濡れタオルを縦、横、1/4に折り畳み、電子レンジで温めます(ヤケドに注意!)。ビニール袋に入れ、両肩とうなじが温まるように乗せ、首の後ろで手を組みます。タオルがぬるくなり、充分温まったと感じるまで続けましょう。後ろで手を組む事で、背中の僧帽筋と上腕三頭筋を伸ばすストレッチにもなります。

2. 流す
左鎖骨リンパ節(鎖骨下のくぼみ)をやさしく5秒くらいかけて押し、同じく5秒くらいかけてゆっくり離します。これを3回繰り返し、リンパ全体の流れを良くします。一番重要なリンパ節は左鎖骨リンパ節で、体中に流れているリンパ液の終着点。体内の老廃物や脂肪が溜まりやすく、むくみや滞りの原因となるので、毎日のシャワーもココから浴びると良いです。

3. ほぐす
首を右左交互にゆっくり3回ずつ回し、首周りのリンパ節をほどよく刺激します。肩甲骨を意識しながら、前後に大きくゆっくり3回ずつ回します。最後に机にひじをついて、左右それぞれの肩コリの患部を手で揉みしだきましょう。1.~2. を経たこの段階では、肩こりの患部が相当柔らかくなっているので、あまりガシガシ力を入れず、ご自身が気持ち良いと感じる位の力加減で充分です。
(ライフハッカーより引用)
http://www.lifehacker.jp/2011/04/110421katakori.html

このようなステップでの順番が重要なのだそうです。個人で揉みほぐしてみたり、マッサージ機に掛かったりすると1部分を集中的に揉んでしまいがちで、そうすると揉み返しになったりすることは良くありますよね。まず最初に温めることが大切で、押すというより摩り流すという感じなのでしょうか。お店でやってもらった時はこういうのだったかもしれません。

このように簡単に出来るのでしたらご自分でもそうですが、是非恋人同士でやってみたいものですね。マッサージし合いっこの日を決めるのもいいかも♪ 以前載せた「恋人同士でスポーツジム」の後にもマッサージ、一緒に楽しく過ごせる時間が増えそうです。

-情報
-, ,