トレーニング 情報

森のフィットネスクラブ

2016/08/31

スイスの約13%は夏になると散歩や活動のため毎日のように森に足を運ぶのだとか。自然は生活に密着しており、鍛えるための様々なトレーニング器具が設置されたアスレチックコースが約500カ所もあるそうです。

フィットネス イメージ画像

『スイス人にとって森は特別な存在。林道に沿って作られたアスレチックコース「ヴィータ・パークール ( Vita Parcours )」へ行くことは余暇の楽しみの一つだ。体力、耐久力、敏捷性などを鍛えるためにさまざまなトレーニング器具が設置されている。

もともと森に倒れている木の幹や切り株など、自然の障害物を利用してトレーニングをしていた。そしてスポーツ選手のトレーニングのために考案され、1972年には子どもがいる家族やあまりスポーツをしない人たちにも対象が広げられた。その結果、開設からわずか5年後の1973年には、スイス全土100カ所に作られるまでになった。

「隣国にもヴィータ・パークールが多数ある。特にドイツに多い。時折、南アフリカ、カナダ、アメリカ、オーストラリアなど遠い国からも問い合わせがあるが、そんなときは大抵、現地にすむスイス人が関わっている。彼らは森の中でアスレチックを楽しむという故郷のアイデアを新しい土地でも実現したいのだ。そうした際、われわれはノウハウを提供し、トレーニング方法を説明する看板も仕入れ価格で販売している」』
(swissinfoより引用)
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=30269124

これからの季節、こうした大自然とふれあいながら何かしらトレーニングをするというのは、日本でも屋外のフィットネスが誕生しているという辺りでも浸透して来そうな気がしますね。昨今おもいっきり深呼吸しずらくお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、想像しただけでも気持ちの落ち着く気がしてきます。

-トレーニング, 情報
-,