エンターテイメント

映画「マイティ・ソー」の肉体美が凄い

2016/08/30

「スパイダーマン」「アイアンマン」などを手掛けたマーベル・スタジオで初の3Dアクション大作『マイティ・ソー』、その中の主人公を演じた新人クリス・ヘムズワースの筋肉は見事なムキムキの肉体美だそうです。

『その気になる肉体はアメリカの最強ボクサー、マイク・タイソンをイメージして「ほとんど鶏肉しか食べなかった」という徹底した食生活と4か月にわたるトレーニングの末に作り上げられたもので、その均整の取れた胸筋、上腕二頭筋、腹筋にはお堅い女性学者を演じるナタリーも思わずドギマギ&にんまり。クライマックスでは自慢の肉体を駆使した迫力アクションを披露。マーベル・コミックの創業者スタン・リーも「クリス・ヘムズワースは見るからにヒーローそのものだ」と太鼓判を押す彼の最強ヒーローぶりがムキムキ筋肉共々じっくりたっぷり堪能できる。』
(シネマトゥデイより引用)
http://www.cinematoday.jp/page/N0033044

この若々しい肉体に日本の女性達も心躍らずにはいられないということです。日本の芸能界も程良く付いた筋肉とは言わず、もっとバリバリの肉体を目指してみませんか?なんて勝手に思ってしまいますが、そうすれば日本映画ももっと色々なジャンルの映画も制作出来そうな気もするのですが・・・。(7月2日より全国公開予定)

-エンターテイメント
-, ,