栄養素

カレーは筋肉の炎症に効果的

2016/08/29

ある海外サイトによると、カレーは単に美味しいだけでなく、筋肉や腱の炎症に効果的かもしれないということだそうです。

カレーのイメージ画像

『炎症に効果があるとされるのは、日本では二日酔いに効くとされているウコン(別名ターメリック)。

現在の治療法は痛みと炎症を和らげることを目的としていて、非ステロイド剤やアスピリンやイブプロフェンといった抗炎症薬を使います。

もっと症状が深刻な場合は、ステロイド剤を直接注射して痛みを和らげてから治療を開始します。しかし、抗炎症薬やステロイド剤には、胃炎、吐き気、胃もたれ、頭痛、下痢、便秘、眠気、疲れといった体への悪影響も。

効果が出るほどのクルクミンを摂取しようとすると、100グラムのカレーパウダーが必要なため、カレーを食べることで効果を期待するのは難しいそうですが、癌やアルツハイマーに効果があるかもしれないという結論が出たこともあるそうです。』
(Pouch [ポーチ]より引用)
http://youpouch.com/2011/08/14/100000/

実際には大量のパウダーが必要と言うことなので、食事での摂取は大変そうですが、以前のイチロー選手のように毎朝が日課のようになれば、それなりの効果があるのでしょうか?いずれにしても酷暑の季節には、運動をする上でも、食欲増進以外にも役立ちそうですね。本場のインドカリーの方が良さそう(^^

-栄養素
-, ,