科学

自律神経が全ての源 2

2016/08/16

前回の続き、どうすれば自律神経のバランスを高められるのかについてですが、まずそれには呼吸!体の調子を劇的に変える力があるのだそうです。

自律神経 イメージ画像

それも深呼吸、と言ってもそんなこと以前から言われてるし知ってるよ・・・と思われるかとも思いますが、今までは医学的に明確には説明出来なかったらしんです。人間は緊張したりすると無意識に呼吸が早くなったりします。逆に気持ちに余裕があり落ち着いている時には呼吸もゆったりしたものになる。実はこうした差も自律神経の差になって現れ、体に及ぼす影響がとても大きいのだそうです。

緊張して交感神経が有利なとき、ゆっくりとした深~い呼吸は副交感神経を刺激して、血管を開き、体の末端への血流自体が良くなり、すると筋肉が弛緩するのでリラックスした気分になる。人が緊張した時に良く深呼吸すると気持ちが落ち着くのはこの理由です。非常に緊張した状態を落ち着かせたい時、1番は筋肉をコントロールすることで、その筋肉をコントロールしているのが血流。血流をコントロールしているのが自律神経ということです。そしてこの自律神経をコントロールできるのが「呼吸」という訳です。

やり方は「吸って吐く」ただこれだけです。吸った倍くらいの長さで吐けば、他にルールは無いとのこと。鼻で吸おうが腹式だろうが関係なく、こうしなければ、ああやんなきゃなんて考えて意識するとその瞬間に自律神経のバランスが崩れてしまうらしいので、あくまでも自分のペースで。吐く時間が長ければ長いほど副交感神経も刺激されるようです。イケないのは息を止めてしまうことで、この瞬間に末端の血流が引いてしまい逆にバランスを崩してしまうのだとか。例にゴルフでパターをするとき、息を全く止めない方がいっそう良いそうです。

では、副交感神経が有利なとき、つまりあまりモチベーションが上がらないときなのですが、これは逆に浅い呼吸を早くして交感神経を刺激してあげればいいのだとか。緊張したりパニックを起こしそうなときは「ゆったり吐く呼吸」、やる気が出ないときは「速く短く吐く呼吸」で自律神経のバランスを整えることができるということです。

ゆえに、筋トレやスポーツを行うときも密接に関係してくるのではないでしょうか。いつも良いコンディションで臨んでいたいと感じているなら呼吸出来る時間を持って自律神経をコントロールしてみましょう!今までの負のスパイラルが劇的に変わるかも。そう考えると併せてストレッチも良さそうですね。是非とも継続してみて下さい。

-科学
-,