腹筋の筋トレ方法

大胸筋の筋トレ方法イメージ画像

腹筋の筋肉は4層構造になっおり、一番表面についているのが腹直筋、その下についている外腹斜筋と内腹斜筋、一番奥にあって筒状にお腹を包んでいるのが腹横筋となります。

腹筋の基本的な役割は、お腹を屈曲させることであり、野生の動物が速いスピードで颯爽と走れるのも、この腹筋の屈曲を上手に利用しているからだそうです。

しかしながら、人間が普段の生活で頻繁にお腹を曲げたり伸ばしたりする場面はあまり多く無く、特殊なスポーツ競技を行っている時くらいです。

腹筋の活躍場面と言えば、普段立ったり、歩いたり、走ったりする時などに、腹直筋を硬くして体幹を安定・保護したりと、なかなか腹筋全体を割るような活動をさせることがまずありません。

腹筋を割るための第一の課題は、その上の脂肪をなるべく除去して、腹直筋の筋肉を浮かび上がらせることです。ですから、有酸素運動などでの脂肪燃焼をかなり必要とします。第二に、シットアップなどで腹直筋の筋肉自体を肥大させるトレーニングを行うという両面からのアプローチが最短です。

⇒ 腹筋を割るもっと詳しい解説はこれ!

さらに、普段なかなか使われない腹斜筋を刺激して鍛えるには、異なったアプローチも必要で、例えばシットアップする時などには斜めからや、ひねりを組み合わせると腹斜筋への効果が期待出来ます。

また、どの種目にも大切なことなのですが、特に腹筋を鍛えるとなると重要なのが「呼吸」を意識するということで、強く、深く息を吐くことで腹斜筋の活動を促し、シットアップ、クランチなどで負荷を増大させることが出来ます。

実際に、脂肪を落としながら筋肉を付けることはかなり大変で鍛えずらい箇所でもありますが、回復の早い部位でもありますので鍛え甲斐もあり、全体的なプロポーションを整えるためにも是非鍛えておきたいメニューと言えるでしょう。

  • 大胸筋の筋トレ方法
  • 背筋の筋トレ方法
  • 色々な筋トレ方法
  • 筋肉疲労の予防・回復方法
  • プルシェンコのマッチョ画像
    プルシェンコの筋肉質ダンス

    バンクーバーオリンピックで白熱した男子フィギュアですが、あのプルシェンコが以前エ ...

    before-afterの画像
    筋トレ2年弱ビフォーアフター

    最初はガリガリ気味だった男性が禁酒・禁煙と同時に筋トレも開始した模様が時間の経過 ...

    腹筋トレーニングの画像
    腹筋トレーニングでシットアップは是か非か

    腹筋トレーニングと言えばシットアップ、クランチが思い浮かびますが、ある記事による ...

    ビフォーアフターの画像
    ぽっちゃり風な男が15週間マジ筋トレしたらこうなった

    幼少の頃からずっと太めの体型だったというとある男性が、一念発起して本気で筋肉トレ ...

    c.ronaldoの画像
    C・ロナウドの肉体美がやっぱスゴかった

    下着ブランドのCM広告の撮影風景に映し出されたクリスティアーノ・ロナウド、現在で ...

    2016/09/05