プロテインの必要性

プロテインイメージ画像

筋トレで筋肉が破壊されることによって、体は次に備えて更に筋肉を補強しようとしますが、もっと強くするためには栄養と時間が必要であり、この栄養が無いと補強が破壊に追いつかず、筋肉のベストパフォーマンスは望めません。筋トレを行った後(ダイエット時も)は必ず栄養、やはり特にタンパク質を十分に補給し、十分な休息と睡眠を準備します。

タンパク質の1日の必要摂取量は、ごく普通に生活している場合は体重1kgに対して約1gですが、筋トレを行っているアスリートなら約2~3gを必要とされています。

単純計算で、体重60kgの方だと1日120~180gのタンパク質が必要摂取量となりますが、これはステーキだと600~860g程度に相当し、お肉だけだと大変な量と出費になってしまいます。

そこで、市販されている「プロテイン」を使用するという訳なのですが、プロテインならステーキのように余分な脂肪を摂取することも無く、吸収も早く、必要なタンパク質を確実に確保が出来るという訳です。コスト面を考えてみても、お肉を大量に買い込むよりもかなりお買い得ですよね。

また、最近市販されているプロテインは非常に溶けやすく、口当たりの良いホエイプロテインも登場しており、味の種類も多いのでジュース感覚で以前よりも美味しく飲めるようになりました。

更に、筋肉の肥大を重点に置くならタンパク質だけでは無く、栄養のバランスと炭水化物もある程度摂取した方が良いでしょう。炭水化物が減ってしまうと、体はタンパク質をエネルギーに変換してしまいます。十分なエネルギー(カロリー)が少ないと、必要な栄養のために筋肉が使われてしまうためです。1日の必要量は、男性で約3,100kcal、女性で約2,400kcalがおよその目安ですから、極端な栄養制限は危険でもあり、トレーニング成果が効率的ではありません。

  • プロテインの摂取方法
  • 筋トレに必要なサプリメント
  • プルシェンコのマッチョ画像
    プルシェンコの筋肉質ダンス

    バンクーバーオリンピックで白熱した男子フィギュアですが、あのプルシェンコが以前エ ...

    before-afterの画像
    筋トレ2年弱ビフォーアフター

    最初はガリガリ気味だった男性が禁酒・禁煙と同時に筋トレも開始した模様が時間の経過 ...

    腹筋トレーニングの画像
    腹筋トレーニングでシットアップは是か非か

    腹筋トレーニングと言えばシットアップ、クランチが思い浮かびますが、ある記事による ...

    ビフォーアフターの画像
    ぽっちゃり風な男が15週間マジ筋トレしたらこうなった

    幼少の頃からずっと太めの体型だったというとある男性が、一念発起して本気で筋肉トレ ...

    c.ronaldoの画像
    C・ロナウドの肉体美がやっぱスゴかった

    下着ブランドのCM広告の撮影風景に映し出されたクリスティアーノ・ロナウド、現在で ...

    2016/09/09