女性の筋トレ方法

女性の筋トレ方法イメージ画像

一般的に、女性が筋トレを行う場合は、やや軽めの負荷で回数を多くした方が良いと言われていますが、それは男性より女性の方が遅筋線維の割合が多く、女性の方が持久力的な運動に向いているかもしれないというのがその理由です。大きな筋力も女性の方が出しづらく、回数をこなした方が長続きするという特性が見られます。

ただし、トレーニングを行った時の成果の伸びから見た場合、男女それほど大きな差は無いという研究もあり、トレーニングをすれば女性も筋肉が太く強くなるということです。

とは言っても、やはり女性と男性との筋肉は明らかに違いますので、それを無視してはトレーニングの効果が上がらないだけでなく怪我にも繋がってくるので、それを未然に防ぐためにも女性ならではの筋肉の特徴を知っておくべきかと思います。

女性の筋肉量は男性の70%ほどで、首から腕周りの筋肉(僧帽筋、三角筋、上腕筋など)は、はっきりとした男女差があります。逆に、下半身の筋肉(大殿筋、大腿四頭筋、ハムストリングスなど)は、男性の80~85%と差が小さく、鍛えようによってはスピードスケート選手のように、男性並みのがっちりな太腿を作れる可能性もあるようです。

現代のスポーツでは、女男の区別なく同じようなルールで競技を行うケースが増えていますが、かといって男性同様に上半身の筋肉を酷使しては危険かもしれません。この部分は地道に強化してこそ、大きく飛躍できる可能性があると言えるでしょう。

また、女性の中にはあまり筋肉隆々にはなりたくないという方も多いと思いますが、そこまでになるにはかなりのトレーニングと栄養の摂取が必要なようです。モリモリ感が出て困るのは、やはり肩や腕の辺りでしょうから、その辺を軽い負荷で回数を多めにした方が、女性らしいボディーラインを損なわずに、筋肉を強化出来ると思われます。

  • タイプ別の女性の筋トレ
  • 生理と筋トレの関係
  • プルシェンコのマッチョ画像
    プルシェンコの筋肉質ダンス

    バンクーバーオリンピックで白熱した男子フィギュアですが、あのプルシェンコが以前エ ...

    before-afterの画像
    筋トレ2年弱ビフォーアフター

    最初はガリガリ気味だった男性が禁酒・禁煙と同時に筋トレも開始した模様が時間の経過 ...

    腹筋トレーニングの画像
    腹筋トレーニングでシットアップは是か非か

    腹筋トレーニングと言えばシットアップ、クランチが思い浮かびますが、ある記事による ...

    ビフォーアフターの画像
    ぽっちゃり風な男が15週間マジ筋トレしたらこうなった

    幼少の頃からずっと太めの体型だったというとある男性が、一念発起して本気で筋肉トレ ...

    c.ronaldoの画像
    C・ロナウドの肉体美がやっぱスゴかった

    下着ブランドのCM広告の撮影風景に映し出されたクリスティアーノ・ロナウド、現在で ...

    2016/09/09