筋トレ方法Q < 筋肉の名称
筋肉のイメージ画像

筋肉の名称

筋肉自体のことを理解することは、トレーニングの成果を上げたり、怪我を未然に防ぐためにも必要であり近道であると言えます。ここでは、代表的な筋肉の部位の名称を紹介しています。

前面の筋肉部位名称  背面の筋肉部位名称

【代表的な筋肉部位の名称】

『大胸筋(だいきょうきん)』
前胸部の最も広く大きい筋肉で、鍛えようとする部位の中でも人気の高い名称でもある。重いものを上部に持ち上げるときの動作や両腕を体の内側に絞るときなどの動作に作用。

『三角筋(さんかくきん)』
肩にある前部・中央部・後部の3つの部位からなる三角形をした筋肉で、肩ラインの見栄えが左右する箇所でもある。主に腕を横に広げたり上げたりするときに作用。

『上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)』
上腕の前面の力こぶが出る筋肉で、ダンベルなどを使って鍛えやすい反面稼働率が高い上腕三頭筋よりは肥大しにくいとされる。肘関節を曲げたり伸ばしたりすることで稼働。

『上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)』
上腕二頭筋の逆(裏)に位置する筋肉で、稼働率が高く他の体幹部を主としたトレーニングなど色々な場面でも使われるので上腕二頭筋より肥大しやすいとされる。

『広背筋(こうはいきん)』
背中の下部、腰部と上腕骨とを結合している三角形状の大きな筋肉で、体の全体的なラインを形作る。逆三角形の体を作るためには是非鍛えておきたい筋肉。

『腹直筋(ふくちょくきん)』
腹部の前面を縦に走る長方形の板状筋で、平らに長く左右に分かれており、鍛えられることにより6パックに割れていく。身体を縮めたり伸ばしたりするときに稼働。

『側腹筋(そくふくきん)』
腹部の前外側部の外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋から成る三層が重なり合って配列しており、いわゆる腹筋の脇腹(サイド)の部分。

『大殿筋(だいでんきん)』
お尻を覆っている厚く大きな筋肉で、ヒップラインを反映する大事な箇所。下層には中殿筋と小殿筋とがあり殿部の形を形成。

『大腿四頭筋(だいたいしとうきん)』
太股の前面の4つの筋群、外側広筋・大腿直筋・中間広筋・内側広筋から成る大きな筋肉で、下腿を伸ばしたり股関節を曲げる働きをします。

『ハムストリングス(はむすとりんぐす)』
太股の裏側の3つの筋群、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋を総称とした名称。各種スポーツトレーニングで特に重要視される筋肉。

マニュアル&アイテム特集
筋トレ種目別トレーニング方法

スポーツジム検索

肉体美画像

筋トレ・ダイエットSNS

筋トレ動画集

筋トレ動画集
アーノルドシュワルツェネッガーのトレーニング シルベスタースタローンのトレーニング
1日6分で”割れた腹筋”を手に入れる腹筋方法 イケメンボーイの肉体鍛錬は何と16歳
女性の腹筋エクササイズ 女性のダンベルワークアウト
ヨガ ダイジェスト ピラティス ダイジェスト

RSS